月別アーカイブ: 2017年2月

脂肪肝を防ごう!!効果的な中性脂肪対策

脂肪肝、、、イメージできない。図々しいかな?フォアグラ?あんきも?思いつくのはそんな感じのワタシ。

どこかで、脂肪肝なんて私には関係ないと思っているからかも知れません。あるいは、そう思いたいのかもしれないです。

脂肪肝って、肝臓が中性脂肪で埋め尽くされている状態の事なのでしょうか?この際です。自分に関係あるのか、あるいは家族に関係があるのか、そのあたりを含めて調査してみたいと思います。

【中性脂肪と脂肪肝】

《正常な肝臓》

肝臓は元々油だらけの臓器です。

食品から摂取された中性脂肪・体内の脂肪・そして肝臓が自ら作り出す脂肪などの油にまみれているからです。

この肝臓によって、体内の中性脂肪の量はコントロールされています。

@中性脂肪をいろいろ試して減らしてみる

《脂肪肝とは》

食事などから摂取される脂肪が過多になってしまった場合、運ばれてくる脂肪酸を処理しきれなくなり、肝臓内部に蓄積されます。これが脂肪肝の状態です。

また、肝臓の機能が低下した場合にも脂肪の処理能力が低下して、脂肪肝となってしまいます。

《脂肪肝が進行すると》

脂肪肝になっても、自覚症状はほとんどありません。肝臓の持つ機能が著しく低下しない限り、症状がでないのが脂肪肝の特徴なぼです。このことから「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

自覚症状のない事が更に状態を悪化させる原因にもなります。脂肪肝を放置すると、脂肪性肝炎・肝硬変を発症し、最終的には肝がんにまで至る可能性もある怖い病気です。

《脂肪肝の原因》

(アルコール性脂肪肝)

アルコールの摂取により肝臓の機能が低下して発症するのが「アルコール性脂肪肝(ASH・アッシュ)」です。

進行の程度が軽ければ、禁酒するなどの生活習慣の見直しで改善する場合があります。しかし、進行している場合は、生活習慣の見直しはもちろんの事、通院治療、場合によっては入院による治療を必要とします。

(非アルコール性脂肪肝)

非アルコール性脂肪肝(NASH・ナッシュ)は、脂肪細胞の肥大によって引き起こされます。発症する人は年々増加傾向にあります。

非アルコール性脂肪肝(NASH・ナッシュ)のメカニズムはまだ解明されておらず、アルコール性脂肪肝よりも怖い病気とされています。

アルコール性脂肪肝に比べて病気の悪化速度が早いのもこの非アルコール性脂肪肝(NASH・ナッシュ)の特徴です。

飲酒の習慣はなくても、中性脂肪値が高い場合にはこの非アルコール性脂肪肝(NASH・ナッシュ)に注意が必要です。

《脂肪肝の改善》

病院での検査・治療を行うのが基本ですが、脂肪肝と診断されても、その程度により生活習慣の改善による治療も可能です。

以下がそれらのポイントです。

  • 規則正しく、バランスの良い食生活をおくる。
  • 禁酒する。(アルコール性肝炎の場合は絶対条件)
  • 食事や飲み物から摂取するカロリーの制限を行う。
  • 有酸素運動を生活に取り入れる。
  • 筋力アップのための運動を行う。
  • 休養をとって、ストレス発散に努める。
  • 適度な長さの良質の睡眠をとる。

《有効な有酸素運動と筋力アップ運動》

運動療法は長い時間をかけて効果が出る方法ですので、効果を実感できる前にしびれをきらして止めてしまうといったケースも少なくありません。

これでは脂肪肝の改善にはつながりません。

かといって、無理して運動しても継続できないのもうなずけます。そこで、日常生活に取り入れやすい運動をご紹介します。

(有酸素運動)

一日30分程度、歩数にして8000歩の有酸素運動を毎日行うのが効果的です。続けて30分が無理な場合、少しずつの時間でもいいですので、回数でかせぐようにします。これを一日かけて行っても効果があります。また、毎日が無理な場合1週間に4日を目標に頑張りましょう。

有酸素運動は、長い時間・負荷の程度が比較的軽い運動・毎日行うという3つのポイントを意識して行います。

(ウォーキング)

毎日の通勤・通学の時間を有効に活用して有酸素運動を行いましょう。これには、ウォーキングが最適です。

これなら、特別な道具や場所・時間すら必要ありません。

しかも、毎日必ずつづける事が出来ますので、継続しやすいと言ったメリットがあります。是非取り入れてみてください。

(水泳)

ある程度の準備と時間・泳ぐ場所が必要ですが、泳ぐことが好きな人、日常生活からの切り替えを行いたい人にとっては、水泳をお勧めします。

(ジョギング・坂道ウォーキング)

これらも有酸素運動なのですが、比較的負荷がかかる分、筋力アップも期待できます。有酸素運動の30分間だけで両方の効果が得られるのが魅力です。

ただし、最初から負荷のかかる運動をおこなうのはリスクが高いですので、最初は短い時間から、徐々に30分まで運動時間を延ばしましょう。

既に健康に問題を抱えている人は、ドクターに相談したうえで行いましょう。

【まとめ】

脂肪肝から肝臓がんまでのプロセスを知り、ちょっと怖くなってしまいました。ワタシは多分まだ大丈夫。でも、夫は、、、体型的にメタボリックシンドロームっぽい。

お酒も適度にですが毎日飲んでいる。これはマズイ。今日は夫婦で話し合いだ!!

一緒に有酸素運動をして、食生活も改善して、家族全員健康を目指します。