ワンストップ不動産

line
MENUCLOSE
マンションを売りたい マンションを買いたい

ブログ

BLOG

不動産売却の王道シリーズ6

売却を依頼した不動産業者が買取専門会社に斡旋(仲介)するのは正しいのか?」

売りたい人が不動産を売却する道には、3通りあります。①不動産業者と媒介契約を結んで、一般の買主を斡旋してもらう場合と、②手っ取り早く、直接不動産業者(買取業者)に買ってもらう場合と、③不動産業者と媒介契約を結んで、プロの買主(不動産買取業者)を斡旋してもらう場合があります。概ね、どれかの道を通ることになるでしょう。①、②は、今までのシリーズで説明してきましたので省略いたしますが、問題は③のケースです。

売却のために媒介契約(仲介)を結んだ不動産業者(一般的に仲介業者と呼んでいます)が、不動産市場で買主を探さず、買取業者に斡旋するには理由があります。概ね、下記の2つです。

一つは、売却の依頼を受けた物件を、不動産市場(一般の消費者)にて販売せず買取業者に斡旋すると、結論が早く、広告経費もかからず、効率よく成約するからです。当然、このとき、売主さん及び買取業者双方から仲介手数料(売買価格✕3%+6万円)✕2をいただくことになります。(業界では両手と呼んでいます)

二つ目は、斡旋した買取業者が再販するときに、二度目の媒介契約を結んで、それが成約すると買取業者及び買主さんから仲介手数料(売買価格✕3%+6万円)✕2を報酬として得ることになります。(業界では、両手、両足と呼んでいます)

つまり、一つの物件で仲介手数料を2回両手でいただくことになります。売上主義の不動産業者(仲介業者)にとっては、とてもおいしい案件ということになります。しかし、冷静に考えてみると、売る人が買取を望むなら、直接買取業者にお願いしたほうが手数料がかかりません。また、買取業者も仲介業者に手数料を支払わずに済むので、もしかしたら高く買取してもらうるかもしれません。ちょっと、分かりづらい話ですが、媒介契約を結んだ仲介業者が買取業者を斡旋する場合、売主さんの利益より、自分たちの売上を簡単に伸ばすための手段だと思ってください。このようなやり方は全国大手不動産会社でも頻繁に行われています。消費者目線より売上主義の方が勝っている結果でしょう。売る人は、不動産仲介会社に売却(斡旋)を依頼する時には、上記のことを認識したうえで、多少時間がかかっても適正な価格で一般の消費者に売るか?早く決まるが、価格が安くなる覚悟で不動産買取業者に売るか?正しい決断をすべきです。